はじめてコストコの場合はできれば会員の友達と行く

テレビや雑誌だけでなくママ友や近所の知り合いの話でコストコで即日体験入店で買物をしてきたというフレーズは良く耳にします。

これは周りで年会費を支払って既に会員登録をしている方も少なくないのではないでしょうか。

もちろん、コストコはお試しの家族が多かったり親戚が集まってホームパーティーをする機会が多い所では損をせずにメリットを沢山見出すことができるでしょう。

しかし、一人暮らしだったり恋人と二人で暮らしているという人では実際には一年で何回も行く必要がある場所であるかは疑問が残ります。

コストコの体験入店ってどうなの?

ピザやトッポギや大きなティッシュやトイレットペーパーなど目を引くアイテムやグッズは非常に多く体入でもあります。

ですが大袈裟かもしれませんが約半分は最初の一回だけでコストコはもう充分という感想を述べているという事実もあります。

わざわざ会員になるほどではないという意見も多くあります。

現状ではこのように周りに既に年会費を支払っているコストコの体験入店はリピーターのユーザーがここで、居れば付いていくという方法や選択肢をしましょう。

もう一度どうしても必要なものが出てきてからで判断をするのは遅くありません。

また注意しなくてはいけないのは海外のコストコのスーパーの壮大さや外人のバイトやスケールの大きな迫力に圧倒されて空気に飲まれてしまうことです。

体験入店から、求人できる費用対効果を考えると実際には日本製品の方が、本当は結果的にわ使い易くて、比較してもずっと便利だということは、ここで冷静になってみるとコストコではよくあることなのです。

してはいけない

コストコの1dayパスや即日体験入店の情報

安くて量が多くてお得という先入観がコストコに対して既にある場合は最初に年間の会費が4,200円掛かってしまうということを忘れてしまわないようにしましょう。

いくら近所のドラッグストアやコンビニエンスストアやスーパーで購入するよりも表示されている価格が安くてもトータルで計算すると、これが損になるかどうか、その年会費を考えなくてはいけません。

ネット上では即日体験入店の情報や1dayパスなどが、コストコはお得だと挙げらていますが、やはり一番の安牌は既に会員である友達と一緒に行くという事です。

これは自分で一度料金を支払ってしまうと、帰りにその場で辞めることが面倒臭くなってしまったり、なんだかここではもったいないような気がしてきてしまいます。

また再び来ることができないような、コストコではこれが何とも言えないような空気感になってしまいます。

近所にコストコがないなら体験入店だけでOK

そして、結果的には別に来ることはないのにも拘らず無駄にコストコのお試し会員になってしまうお客様は結構いらっしゃいます。

もちろん距離や店舗の場所にもよりますが、今までに経験がなくとりあえず一度だけという考えで足を運ぶのであれば、体験入店の求人は上記のようなデメリットを考えると誰かの付き添いで行く事を最優先しましょう。

また興味がある食品やアイテムがある場合は既にインターネットでもチェックする事が方法としてできますので、多少大目に払ってでもお願いをしてみるという選択肢もありかもしれません。

お金は掛かってもご近所付き合いを考えるとそれが理由でバイトのママ友と割り勘の額で揉めるなんてことも実際にあるようですので、これは体入の場合は確認をしてコストコでは注意しなくてはいけません。

履歴書

体験入店してから一回もコストコに行っていない

バーカウンター

その場の流れや雰囲気でコストコの会員になったほうがお徳な気にはなるけれど、バイトの求人は体験入店で済ませておけばよかったと後になって後悔するお客様はかなり多いようです。

特に、近所にコストコがない場合で車などで一時間以上掛けて買い物をしに来たケースなどでは、ほとんどの場合、その一回で終わってしまいます。

やはり、日常品であればコストコでなくても近所で済ませてしまうのです。

また、絶対に代用品が見つからないものはほとんどなく、結局は他で手に入れられるものがほとんどです。

それを踏まええるとやはり体験入店だけでコストコをとどめておくほうが賢い選択なのかもしれません。

保証パック

どうしてもコストコでしか売っていない商品は少ない

これだけインターネットが発展した今、一度会員になってコストコの即日体験入店をバイトでなく経験するなどをしてお気に入りの商品が見つかった時には楽天やamazonなどでアメリカの輸入アイテムを取り扱っている所ならほとんどの物が手に入ります。

ただし食品などは難しいこともありますが、洗剤やトイレットペーパーや玩具などを見つけることができます。

コストコは送料などを考えてもガソリン代や交通費と相殺できるのではないでしょうか。

悩む女性

最初は無料体験入店ができるコストコ

むしろ重い荷物や時間などを踏まえるとわざわざ年会費を支払ってまで足を運ぶ必要はないという意見も多くあります。

デメリットばかり挙げてしまいましたが、それでもやはり巨大なアメリカの大手スーパーのコストコの体験入店の魅力はバイトの求人でも当然山ほどあります。

当然家が近くて気軽に行ける距離にコストコがあって月に一回は行けるというのであれば、これはお試しでトータルで元は体入でも充分に取れるでしょう。

また家族や子供の人数によっては量が多いというのは節約に結びつけることも実際に可能です。

コストコはみんなが会員にならなくては良いのですから、仲の良い近所の方と話し合って協力する事で年会費を割ってでも有効活用するスタイルを自分なりに見つけるようにしましょう。

そうする方法で損をする部分を少しですが、減らすことができます。

給料袋の画像

このページの先頭へ