あの一流ナンバーワンのホストも最初は即日体験入店からスタート

イケメンで見た目にある程度自信がある男性なら一度はホストクラブの求人で働いてみようかと考えたことがあるかもしれません。

テレビや雑誌などで紹介されている東京の歌舞伎町や大阪や福岡や札幌でナンバーワンよりもかっこよいと感じている方は体験入店でも少なくないのではないでしょうか。

水商売はもちろん容姿だけでは成り立ちませんから、ホストのバイトの体入はコンパやナンパ等で会話が鍛えられているケースでは学生でも通用する可能性はあります。

また社会人の経験があったりサラリーマンとして営業などでトークを磨いてきた方は、未経験者よりも即戦力となるパターンもあります。 何にせよ足を踏み入れてみなければ本当にできるかどうか、ホストの求人はお試しでこれが向いているかは判断する事は難しいのです。

ホストクラブの体験入店はかなり厳しい?

バーカウンター

しかし、最初の一歩のスタートを即日体験入店で踏み出せば、バイトの求人は顔がイケメンのホストはこれは努力次第では雑誌やテレビやブログなどで、これが紹介されるほどの人気と、これからなるかもしれません。

殆どの方が外見への憧れや外から見ているだけで自然と終わってしまいます。

やはり、かなりホストは敷居が高く知り合いや友達がいないとなかなかきっかけがなく勇気がいるようです。

ホストとしてお金を稼ぎ成り上がれるかどうかは、最初の数日間で決まってきます。

思い立ったらすぐに歌舞伎町でなくても求人にアクセスしてみましょう。

これは、日払いの体入から今までとは全く異なる輝くような華やかな人生やライフスタイルが今後は待っているかもしれません。

体験入店で歌舞伎町のホストクラブで上位になれば恐らくそれは国内トップクラスになるということですから夢はバイトでも大きいとここでは言えるのではないでしょうか。

給料袋の画像

スカウトからホストクラブへの即日体験入店への流れに注意

首都圏だけでなくホストクラブが存在する歌舞伎町や大阪の繁華街をショッピングなどをしているとバイトでなく現役で働くスタッフからスカウトをされることがあります。

これは女性のお客様としての場合とは異なりの勧誘ではなく、ホストの求人は外見やファッション、体入は雰囲気などを見て適性があると判断されて声を掛けられているのです。

面接をしてそのまま即日体験入店をするケースもあります。

しかし注意しなくてはいけないのは気を良くしてそのまま雰囲気にのまれて流れのまま、日払いホストはあまり経営状態のよくない所で働いてしまう事です。

してはいけない

憧れだけではホストクラブの仕事は務まりません

実際にヘルプの人数が足りなかったり、根本的にスタッフが足りなくて、求人は体験の新人が街に出てスカウトをしているようなケースがかなり頻繁にあります。

これは当然、やり繰りも厳しい中ですから給料の支払いがホストに遅れたりすることもあります。

意味のよくわからない規則やルールなどで罰金を取られたりするケースもあります。

ホストとしてナンバーワンの夢に目指して働かないかという声掛けは、体験入店もほとんどの男性が最初は日払いバイトの未経験です。

いつの間にか慣れて気持ちが良くなってしまって冷静な判断ができなくなってしまう人もいます。

悪い言い方をすれば騙しやすそうな素人、引っ掛かりそうだという意味もありますので、ホストの求人が結果的にはこれを、むやみやたらに簡単に信用して付いていかないようにしましょう。

いくらブログなどで人気で世間的な認知度は上がっているお金にならない職業だとホストが言っても、これはあくまで水商売で夜のお仕事です。

女性でなくても危険も当然、体入は歌舞伎町ではその間は常時付きまとう事を絶対にホストは頭の片隅に忘れてはいけません。

詳細情報


体験入店だけで辞めてしまうホストの割合は?

正直な数字を言ってしまうと、求人は8割以上のホストが体験入店だけで自分にはバイトでも無理だと諦めてしまいます。

もしくは先輩ホストと揉めたり、喧嘩をして帰ってしまったりと、テレビやドラマなどにあるような青春の物語は一切ないと考えてよいでしょう。

またその後の、キャッチでお客様を見つけるステージでもかなりの割合の新人ホストがいなくなります。

体験入店の求人からその後、日払いバイトから正式に認められるまで残る割合はかなり少なく一割未満になると言っていいほど、お金を稼げるまでホストの世界は厳しいのです。

保証パック

ホストの即日体験入店で一日でバックれる確率は高い

あくまで即日体験入店ですから、実際に歌舞伎町で仕事をしてみた結果自分には向いていないと判断した場合にはホストを辞めても問題は特にはありません。

求人のブログなどを見ると見た目の華やかさやイメージから非常に愉快で楽しく、ホストを面白い内容だと勘違いしている男性が多いようです。

サポートに入って先輩のお酒を一気に飲まなくてはいけませんし、バイトの体入から常に気を配って不手際がないように素早い行動をしなくてはいけません。

履歴書

自分の特徴を生かしてホストクラブで働きましょう

もちろん吐き戻してしまったり酔い潰れたりするだけでなく、日払い体入でもホストが急性アルコール中毒の危険もあるのです。

想像よりも実際の現場は精神的にも肉体的にも大変できつく過酷な重労働なのです。

当然、ホストは一日でバックれる人も多くその確率は半数以上と体験入店は言えるのではないでしょうか。

ただし注意しなくてはいけないのは、求人はこのように正規でしっかりと申告をしてホストを辞める時でも何らかの理由を付けて働いた分の賃金も支払われないパターンが場所によってはあるようです。

キャバクラやガールズバーなどよりも、ホストはずっと体育会系の名残がある世界ですので、水商売のバイトではこのように威圧されたり暴力をちらつかされてしまう可能性もあります。

これを社会勉強とするか、しっかりと大人の態度で戦ってお金を支払ってもらうかは個人の判断にはなりますが、体験入店は東京の六本木や歌舞伎町や大阪のミナミのナンバーワンを目指してホストクラブで働くというのはこういったシチュエーションと常に隣りあわせという事を忘れてはいけません。

悩む女性

このページの先頭へ